--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013_07
14
(Sun)10:58

1ヶ月

 ちょびが亡くなってから昨日で1ヶ月が経ちました。
  早かったのか?遅かったのか??
  …早くもなかったし、遅くもなかった。
  うん、1ヶ月位だったなぁと思う。
  そして、7/13~15まで3連休。
  6月上旬の頃、この3連休がどれだけ待ち遠しかった事か!
  ちょびの側に付いていたくて、
  7月の連休を先に使わせてもらったらダメかな?
  とか色々と考えていた事があったなぁ~。。

  1ヶ月が過ぎてようやく何かやらなきゃなって気持ちになってきた。
  「何か」とは…
  私もよくわからないけど、今までのようではダメ。
  無気力で毎日を〝ぼぉ~〟と何も考えたくないから考えないとか
  動きたくないから動かない。って事じゃなく
  何か…何かをやらなきゃ!って事。。
  ん~説明になってないなっ 

  その〝何か〟の一つが、ちょびの物の処分だったんですが
  これは…後回しにする事にしました。
  無理に今処分しなくてもいっか  と言う結論で。。

  そして別の〝何か〟を昨日やってきました。
  それは、ちょびの納骨をお願いしようかなと思っていたお寺見学。
  と、そこには沢山のにゃんこが居るんです。
  そこの住職さんが猫の保護活動もやってるんです。
  私もにゃんこを触りたくなってきていたので。

  人懐っこい子や人見知りな子、生後2.3日の仔猫もいたし
  風邪を引いて、目やにで顔が汚れている兄妹。
  ちょびのようにお尻ポンポンが大好きな子もいて
  座ってる私の膝に上半身を預けて来たので
  お尻ポンポンをやってあげました。
  お尻ポンポンは私の得意とする所ですからねっ 
  そして、エイズキャリアの子達も居て
  口内炎で痛みに耐えながらご飯を食べている子も居ました。
  病気と戦ってる子達をみると、やっぱり耐えられませんでした。
  涙が溢れちゃって。。
  「痛いねぇ。だけどご飯を自分で食べられるんだったら…頑張るんだよ!」
  って声を掛けることで精一杯でした。

  大体2時間くらいかな…久しぶりのにゃんこの感触だったけど
  猫一人一人違うんだな~って思いました。
  毛の手触りやにおい。。
  やっぱりちょびと同じ子…似た子は居ませんでした。
  まぁ~分かっては居たけど、どこか期待してたんでしょうね。
  最後に、「誰かもらってもらえるの?」って聞かれたんですが…
  私は「すみません…もう猫を飼おうとは思っていないんです。」と答えました。
  やっぱり一人の私には、猫がかわいそうかな?と。
  元気な時はいいんだけど
  どうしても闘病生活の事を思い出しちゃって
  そうなると…誰も見守ってくれる人が居ない所で
  一人でお留守番させて頑張らせる事はやっぱり…

  で、納骨もまだまだ出来る気がしてない私です。 

  さて。私の大好きなちょびの写真シリーズです。


DSCF5651.jpg
                    2006年11月3日

DSCF5652.jpg
                    2006年11月3日

DSCF5650.jpg
                    2006年11月3日

  全部同じ時の連続写真です。
  歯磨き用のおやつを食べている所です。
  かわいい両手でホールドして…

  この必死な〝んがっ!〟ってお顔が…かわいい。。
  食べてる姿って、癒されるよなぁ 
 
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。